2010年 前半に初見の鳥

4月の石垣島&与那国島での初見が多かったこと。
又5月には舳倉島にも行けた事で、初見種が沢山有りました。

2月 ホオジロガモ
Dsc07579

プカプカ水の動きに浮き沈みする上に 遠かった。
雄の頬に丸く白い班が見える。

2月 ユキホオジロ
Dsc07557
県外に行きました。
小さな漁港の「こんな所に?」と思える場所でした。
ホオジロは見慣れているものの、この子の白さは特に可愛かった。

2月 ハイイロガン
Dsc08561Dsc08567 
多数のコハクチョウの中に一羽だけでした。
マガンも一羽居ました。
足と嘴がピンク色なので、マガンのオレンジ色なのとは区別が付きます。
2月 ヤマヒバリ
Sdsc_5718   

3月 ハマヒバリ
Dsc09019

3月 ソリハシセイタカシギ
Dsc09933

3月 クロサギ(初撮り)
Dsc09965

4月 キヅタアメリカムシクイ
Dsc00171   

4月 カンムリワシ
Mdsc_6538 

4月 クロツラヘラサギ
Mdsc_8585

4月 シロガシラ
Sdsc_8572

4月 リュウキュウアカショウビン(亜種)
Mdsc_8695

4月 ムネアカタヒバリ
Mdsc_6880

4月 ズアカアオバト
Mdsc_8462

4月 ムラサキサギ
Mdsc_8629

4月 オオチドリ
Mdsc_8491 

4月 ズグロミゾゴイ
Mdsc_8709

4月 オジロトウネン
Mdsc_8655

4月 オニアジサシ
Mdsc_8762

4月 サルハマシギ
Mdsc_8662

4月 ヒバリシギ
Mdsc_8653

4月 アオアシシギ
Sdsc_8386

4月 ツバメチドリ
Mdsc_8753 

4月 コウライキジ(亜種)
Mdsc_8458

4月 シマアジ
Mdsc_8815

4月 シマキンパラ(野生化した元飼い鳥)
Mdsc_8735

5月 ヤマショウビン
Dsc01360

5月 ヒメコウテンシ
Mdsc_0316

5月 セグロカッコウ(初撮り)
Mdsc_0235 

6月 サンカノゴイ(飛翔は初めて)
Dsc_3260

6月 レンカク
Dsc04033

| | コメント (0)

急いで夏らしく成りました。

Dsc01940 訪れる野鳥の宝庫兼水芭蕉がご自慢の公園(名前は森林植物園)に、先月末以来三回続けて行きました。
Dsc01520 Dsc01517 Dsc01709 リュウキンカ・カタクリ・キクザキイチゲ等、鳥見しつつも足もともとても綺麗でした。

愛想の良いコルリが何度も歌ってくれたり、小さな体に似合わないミソサザイの囀りも真近に聞きました。
Sdsc01476

| | コメント (0)

何と 今年は残雪が多い。

植物園の様子見に行って来ました。
余りに雪が多くてビックリです。連休に入り観光客も多かったのですが、参道でも所々は雪の上を歩かなければなりません。
Sdsc_9101 ミズバショウも伸びている物でさえまだこんな程度。
Sdsc_9079 Mdsc_9074 冬鳥も充分に見られなかった様にも思えるのですが、既にキビタキとアカハラを見ることになりました。
Sdsc_9082 Sdsc_9095 Sdsc_9088 林の方は 雪の上を歩きました。
地面の見えている処には 20羽を超すヒガラが餌捕りしていました。

| | コメント (2)

島の鳥見 続き①

Mdsc_8379 石垣島では留鳥のカンムリワシも見られました。
島に到着した最初の日に見られました。
Dsc00738 水田に数羽のアオアシシギが居ました。
まばらに生えた稲の間に 見え隠れして餌捕りしていました。
Mdsc_8439 海沿いの堤防を歩いた時に、細かい貝が彼方此方にくっ付いていましたが、良く見ると静かに動いていました。
Dsc00721 Dsc00722 Dsc00724 広い川の橋の下で、引き潮には砂浜が広くなっていて 沢山のカニが動き回っていました。
おびただしい数でした。

石垣島の滞在日の方が多かったので、引き続いて載せていきます。

| | コメント (0)

石垣島&与那国島にて

初めての島へ 鳥見の旅をしました。
Mdsc_7188 Mdsc_6857 Mdsc_6852 Mdsc_6854
初めて見る風景は南国の風情で、見るもの全てが珍しい物でした。
本来の気候なら25℃は当たり前でしょうが、こちらも雪が降るほどの低温だった時でしたので、とても涼しい日ばかりでした。
パイナップルの形に似た、色付いた実は[アダン]という植物で、石垣島にも与那国島にも自然に沢山生えていました。
Mdsc_6494 石垣港に沈んだ夕日は 晴れていた一日だけ見る事が出来ました。

Mdsc_7107 セイタカシギが与那国島の水田に沢山餌食していましたが、それに混じって2羽のソリハシセイタカシギが居ました。
Mdsc_7102 「見られれば一生物だ」と言われるほどに珍しい飛来と聞いて、日本海側にまで出かけて行き やっと一羽を見た時を思えば、何と贅沢な事かと思いました。
しかし翌日には同じ水田には居なくなっていました。

この鳥見旅中 初見種が沢山有りました。
つづいて載せようと思います。

| | コメント (0)

良く晴れて 日差しの中でした。

天気の移り変わりの激しい中、快晴で青空が眩しい中でした。
Sdsc06174 朝の日に照らされた北アルプスが とても綺麗でした。
Sdsc06162 抜けるような青い空に 緑の松が鮮やかです。枝に止まっているのがクマタカですが、何しろ遠いのです。
Dsc06213

天気に誘われて鳥見の梯子をして。
Dsc06225_2 Dsc06221 Dsc06226 日陰には雪が有り、常に溶けない所は良く滑りました。
倒木の陰から泣きながら飛び出したミソサザイが居ました。

Dsc06214 Dsc06218 ツルウメモドキの爆ぜた実が 少し残っていて、枝に絡んでいる場所はルリビタキの食事所でした。

雪道には冬季間は車止めがされているので、歩いて林道には入ります。
高台に上がるまでは少しキツイ坂道です。

| | コメント (0)

公園で イカルの群れ

昨日今日は好天です。
マイナスでは有っても今朝の冷えはさほどではなかったので、近くの公園に久々に行きました。
Sdsc_513040~50羽とも思う数のイカルが 地面で採食していました。
人が近くを通る度に一斉に周りの木に舞ってしまいます。
羽音も賑やかですし、枝間でピチピチ・コキーコキーの様な音も聞えました。
暫く待っていると 又降りてきます。けれども遠くからしか撮れません。

Sdsc_5147
植え込みのツツジの間から枝に飛び上がってしまったビンズイです。
3羽居ました。最初は気付かずに植え込みの脇を通ると、低い松の枝に飛び出して 尾を上下にヒクヒクさせているのが見えましたが顔が隠れていました。
其のうちに又植え込みの中に降りてしまい見付かりませんでしたので、そこを覗き込むとパーット飛び出して枝に飛んでしまいました。
Sdsc_5123
クゥェ クゥェの様に鳴くのでツグミは直ぐに判ります。
芝地に良く降りています。
まだ数は少なかったのですが、この公園の芝地には沢山集まります。

メジロとシジュウカラが松の梢で鳴く声も聞え、カワラヒワも地面に群れで居ました。
行く度に別の種類にも逢えるので、又行って見ます。

| | コメント (0)

今年の初探鳥会にて

日曜日に千曲川縁の探鳥会に行きました。
朝の気温がマイナス12度だと後で知ったのですが、通りで顔や指先が痛かった。
Dsc05737Dsc05741
土手沿いから河川敷に入ると藪が有るので、モズやエナガ他数種類もの水鳥以外のものも見ました。

参加者が45名とは、探鳥会としては多過ぎる参加者でしたし、これを引率する事は並たいていでは無かったかと・・・・・
当番をされたNさんとM君 大変にお疲れ様でした。

Dsc05710Dsc05729Dsc05667Dsc05720これらは水辺で見られました。
ここでハマシギの群れを見れて良かったです。
此方の岸に休んでいたもので 大勢で通りかかった時には飛んでしまって・・・・・
群れが川面を翻して飛ぶ様子も とても綺麗でした。
時々は目を開いているものの全く動かずに居て、枯れ草の影では中々見つけられないゴイサギの幼鳥でしたが、大勢なればこそ誰かの目に留まってくれて 見る事が出来ました。
カワセミも此処の定番です。小魚が集まる辺りに陣取って水中を見つめているようです。飛び出しては中洲の柳に停まったりしますが、又定位置に戻ってきました。 
川縁の枯れ葦に停まるオオジュリンも沢山見ました。
ベニマシコは雄の赤色が綺麗に見られましたが、川幅を隔てていて写真にはなりませんでした。
実りの多い探鳥会でした。   

| | コメント (0)

幻と思い続けていた 冬のフクロウとコミミズク

Dsc05249何度も通ってヤット逢えたフクロウでした。
この日は二日前から 日中にコミミズクやフクロウに逢えたと聞き、出掛けて行きましたが、飛び出してくれる時間は定まらず。
何とか逢えた時は[幻が現実になった。]と思えました。

Dsc05285
昼にこれほど飛んでくれることは珍しく、草地の周りの木に飛び移りながら止まり、時々は地面に降りましたが 獲物は無いようでした。

Sdsc_4606Sdsc_4607Sdsc_4608夕刻近くに獲物めがけて舞い下りたフクロウも見られました。
(この時が冬のフクロウの初見でした。)


Smdsc_4878 Smdsc_4866コミミズクも しっかり見たのは初でした。
Smdsc_4883      

| | コメント (0)

2010年の初鳥見から

大晦日から降り続いた雪が元旦にも積雪と成っていました。
昨年は元旦から外出していましたが、今回は3日の初鳥見でした。
Sdsc_4461朝から雪は時折小降りになるものの まだ降っていました。
ここの池にはカモ類が沢山居ます。
コガモは雪上で 顔を埋めたままで動きが有りませんでした。
Sdsc_4470Sdsc_4460Sdsc_4458Sdsc_4464池の代表的なカモを撮りました。
雪の中では一眼デジで撮りました。
オカヨシガモ・オナガガモ・ハシビロガモ・ヨシガモです。
Sdsc_4473
寒さの中では動作がのろいキジバトでした。



次第に雪が止んだので、川縁にも行きました。
Sdsc_4509
ちょろちょろと近くに現われたジョウビタキの雌です。
何度も出てきました。

Sdsc_4499

やはりこの河原ではベニマシコに出会うことを期待していました。
セイタカアワダチソウの枯れ穂も雪で倒れ、それでも日当たりの側で採食に出てきました。
Sdsc_4503Sdsc_4490アオジも沢山居て、一緒に採食していました。


Sdsc_4480Sdsc_4477砂地は雪に被われていて、遠くに何か動いていました。ホオジロでした。
寒いのは気に成らないセキレイ類は水辺に沢山居て、キセキレイの色も映えていました。

今年の初鳥見は雪の中から始まりました。
徐々に(のんびりと)UP出来るようにします。       

| | コメント (0)

«優雅に貴婦人とは この子達